太鼓やぐら

  • 旅
  • 歴
  • 柏原

インフォメーション

柏原藩が時報や警報に使用していた太鼓をつるしたやぐら

 藩政時代は大手門の付近にあったもので、内部は三層になっており、最上層の桜上には「つつじ太鼓」という大太鼓がつるしてある。
 当時は時報や警報に用い、火事には3点打・山火事と出水には2点打であった。藩主が江戸より帰藩する時の合図にも用いた。
 小学校ができてからは、児童の登校合図にも用いられていた。建立の時期は定かでないが、藩邸の造営が正徳4年(1714)であるから、それに近い時代につくられたと考えられる。
現地に移されたのは明治時代初頭のようであるが詳しい記録はない。

カテゴリー

丹波ぶらり旅 丹波歴史名所 柏原

キーワード

,

エリア

柏原

所在地

丹波市柏原町柏原

最寄駅

JR柏原駅

アクセス

JR柏原駅から徒歩5分

地図

投稿者

Administrator2012.3.13

最新の観光情報

  • かたくり3

    かたくりまつり  平成29年4月2日(日)

  • 首切り3

    首切地蔵尊 春の大祭 [3月19日(日)開催]

  • パラ6

    ロールアウトパラグライダースクール

  • TAK(タック)パラグライダースクール

  • 厄除大祭

    柏原厄除大祭【平成29年2月17日・18日開催】

  • 鬼こそ2

    常勝寺鬼こそ「追儺式」【平成29年2月11日開催】

  • DSC_0074

    あれっと レストラン&菓子工房

  • やすらぎぼたん鍋

    丹波市立休養施設 やすら樹

  • いちご3

    あぐり丹波3Dいちご園開園【1月~5月頃】

  • 無題

    糸紡ぎ体験 【1月14日・2月11日開催】

おすすめカテゴリー

  • 丹波DEぐるめ
  • 丹波ぶらり旅
  • わくわく!丹波
ページの先頭へ