小新屋観音(こにやかんのん) 

  • 旅
  • 歴
  • 山南

インフォメーション

33年に一度開帳される観音さま

永正7年(1510年)、岩尾城主和田日向守斉頼が、千手観音が石船に乗り、寺近くの石金山からふもとに下り立つ霊夢に導かれて本堂を建立し、祈願所として厚く崇拝したと言われています。
本堂に本尊十一面千手観音が安置され、両脇に不動明王、毘沙門天王が安置されており、その開帳は33年に一度とされています。
次の開帳は2016年予定されています。

カテゴリー

丹波ぶらり旅 丹波歴史名所 山南

キーワード

, , ,

エリア

山南

所在地

兵庫県丹波市山南町小新屋

最寄駅

JR福知山線 谷川駅

アクセス

北近畿豊岡自動車道氷上インターチェンジから車で30分

地図

ひとこと

トレッキングコースがあります。

投稿者

Administrator2012.3.16

最新の観光情報

  • かたくり3

    かたくりまつり  平成29年4月2日(日)

  • 首切り3

    首切地蔵尊 春の大祭 [3月19日(日)開催]

  • パラ6

    ロールアウトパラグライダースクール

  • TAK(タック)パラグライダースクール

  • 厄除大祭

    柏原厄除大祭【平成29年2月17日・18日開催】

  • 鬼こそ2

    常勝寺鬼こそ「追儺式」【平成29年2月11日開催】

  • DSC_0074

    あれっと レストラン&菓子工房

  • やすらぎぼたん鍋

    丹波市立休養施設 やすら樹

  • いちご3

    あぐり丹波3Dいちご園開園【1月~5月頃】

  • 無題

    糸紡ぎ体験 【1月14日・2月11日開催】

おすすめカテゴリー

  • 丹波DEぐるめ
  • 丹波ぶらり旅
  • わくわく!丹波
ページの先頭へ